採用TOP > 先輩社員の声 >  仕事を通じて、 家族と自分自身の幸せを実感

  • リーマンショックを経て石川製作所へ

    私は普通科の高校を卒業してからずっと製造業の会社で働いています。前職は機関工として働いていましたが、リーマンショックにより会社を急に辞めることになりました。当時は、「このままで大丈夫なのか…」と、とても不安を感じていましたが、偶然前の会社の取引先が石川製作所だったということもあり、石川製作所にお世話になることになりました。
     入社して2.3ヶ月の時、ちょうど社員旅行で富山の黒部ダムに連れて行ってもらいました。すごくいいタイミングで先輩たちと交流を深めることができたので、今でもとても良い思い出として残っています。
  • 皆で協力しながら仕事を進めていく

    私は、昔から図面や文章を書くことがどうしてもが苦手なんです。石川製作所では、自分の得意なことを集中的にやり、自分の苦手な図面や文章を書くことは得意な同僚に任せたりとお互いが協力し合いながら仕事を進めていく風土があります。私は寸法を考えるということをこれまでやったことがなく、時間かかりました。最初は何も分からない状態でしたが、1週間ほど先輩に付きっきりで教えていただきましたね。何度も失敗を繰り返しましたが、慣れてきて仕事を回せるようになると楽しくなってきます。現場での仕事は大変でしたが、先輩方のおかげで1ヶ月ほどで覚えることができました。
     私が仕事において大事にしていることは、納期を送れないようにすることです。納期遅れを無くす仕組みづくりを自分で考案し、社内で共有できたときは非常にやりがいを感じました。
  • 休日は子どもと野球しています

    私は野球が大好きで、土日などは息子と野球をしていることが多いですね。少年野球のコーチをしたり、町内でのソフトボールにも積極的に参加しています。
     製造業は、土日が休みなので自分の大好きな野球もできるし、給料も比較的安定しているの点は良いところだと思います。また、転勤もないので、家族を養うにはピッタリな職業だと思いますね。  
     これから石川製作所に来てくれる方、誰もいいからしゃべりかけてほしいです! 最初は大変な時期もあると思いますが、私も盛り上げていきますので、一緒に頑張りましょう!